会社概要

 先々代の鈴木弥七は炭屋の丁稚奉公から京橋の米卸問屋に勤め、昭和初期、東京・八丁堀の地で米穀商を始めました。この地で「八丁堀 鈴木米店」として商いを続けること90年、二代目、三代目の私へと引き継がれてきました。平成17年には、より広く多くのお客様に日本のおいしい米を味わっていただくため、日本の良米にこだわった米穀業併設飲食店を立ち上げました。そして令和元年、築90年の木造棟割長屋を大胆にリノベーションし、新たな店舗として一膳めし屋 八丁堀 鈴木米店をオープンしました。ごはんを食べながら、どこか懐かしさを感じたり、ほっとするような心地よさをお客様に味わってもらえたら、この上ない喜びです。開発により紆余曲折がありながらも約2年の休業期間を経て、ようやく再スタートを切ることができたのは、たくさんの方々のご協力やご厚意、励ましを頂いたからこそ、私たちは人に支えられて今日があることを実感しています。この場をお借りして心より皆様に感謝申し上げます。

                      令和元年12月吉日  八丁堀鈴木米店 三代目店主拝

【商 号】   鈴木米店有限会社

【創 業】   昭和7年(1932年)

【創 立】   平成17年1月20日

【代表取締役】 鈴木一弥

【店舗地】   東京都中央区八丁堀3-21-1

【電話・FAX】03-3551-1011

【業務内容】  飲食業・食料品販売・飲食関連サービス業